ゆっくり療養することができました

子宮内膜症の手術で日産厚生会玉川病院で二週間ほどお世話になりました。
生まれて初めての手術で、さらに婦人病系の疾患でしたので、不安がすごく大きい入院でした。
不安の中、入院生活に入ると女性の看護師さんが頻繁に様子を見に来てくれたり、話を聞いてくれたりしました。
それにベッド周りだけではなく、トイレや洗面所なども清潔な状態でしたので、常に気持ちよく使うことができて良かったです。
それに一番うれしかったのが面会時間の長さです。
平日と土曜日が14時から20時までですし、日曜日と祝日でも12時から20時と仕事や学校で忙しい家族でも訪問しやすい時間帯に設定しているおかげで、入院中は家族や友人がたくさん訪問してくれ、ゆっくりとデイルームでおしゃべりをして気晴らしをすることができました。
一日三回出される入院食も病院食の割には、品数が多くて、味も割と美味しかったので、毎食楽しみにしていました。
入院中はコンビニが院内がありますので、看護師さんと一緒に雑誌などを買うこともできました。
二週間窮屈な思いをせずに、ゆっくりと療養生活を送ることができました。
それに子宮内膜症の手術も成功し、術後の経過も良かったので言うことなしです。

http://www.tiesummit.org/tie/