コラーゲンエラスチンの作用って?

コラーゲンエラスチンは共に人間の体を組織する成分の1つです。
コラーゲンは、体の皮膚、軟骨、腱やじん帯などを構成するタンパク質の一種です。
エラスチンは、弾性繊維とも呼ばれ、コラーゲンを支える機能を果たしています。
ともに、肌や軟骨の水分量を保ち、細胞間の潤いを保って、肌のハリや弾力を作り出す機能を果たしています。
加齢により、肌にハリがなくなったり、シワができたり、たるんでしまったり、乾燥がひどくなるのは、歳とともに、体内のコラーゲンやエラスチンが減少することが1つの要因と考えられています。
そのため、コラーゲンエラスチンを配合した化粧品を外部からつけて補ったり、コラーゲンエラスチンを含む食品を食べて体内に取り込んだりして補うことで、ハリ艶を取り戻すことが可能になります。
コラーゲンを含む食品としては、フカヒレやゼラチン、手羽先などがあります。
また、エラスチンを含む食品としては、かつおぶしやシラス、小豆などが代表的です。

http://www.tiesummit.org/tie/