日本フリースタイルラップの原点

今やフリースタイルダンジョンのテレビ進出をきっかけに、日本国内でもメジャーな存在となったフリースタイルラップですが、もともと日本のヒップホップは「知る人ぞ知る」音楽であり、ここまで有名となった功績は日本のヒップホップ界においても非常に大きいでしょう。
もともと日本のフリースタイルは有名なアメリカのラッパー”エミネム”が出演した映画『8マイル』が流行ったタイミングで大会が開かれるようになり、KICKTHECANCREWのKREVAや現在はフリースタイルダンジョンのモンスターとしても活躍する般若やMC漢a.k.a.GAMIらが出演する、かなりアンダーグラウンドな競技でした。
現代のライムに溢れたフリースタイルラップから聴いた人はビックリするかもしれませんが、当時のフリースタイルラップはただの悪口合戦です。
DJはビートを用意していますが、リリックやフロウといったラッパー特有の表現はあるものの、ほぼ全くライムがありません。
ただひたすらに相手をディスって観客を盛り上げられれば良かったのです。
地下格闘技のように一部のグループで盛り上がっていた日本のフリースタイルですが、後に高校生ラップ選手権がテレビ番組で放映されたのをきっかけに、よりメジャーな競技へと進化していきます。

http://www.tiesummit.org/tie/