戸塚区にある戸塚ファミリー歯科クリニックは、最新技術を導入した総入れ歯が魅力

多くの方が、総入れ歯のイメージとして、弾力がある触感の食べ物が噛めなくなってしまうというネガティブなイメージがあります。
例えば生キャベツの千切りやレタスのように、生野菜を使ったサラダは苦手というものです。
戸塚区にある歯科の戸塚ファミリー歯科クリニックでは、最新技術を導入した総入れ歯で、今までのネガティブなイメージを一掃する入れ歯を地域の方に紹介して喜ばれています。
しっかり噛める総入れ歯を戸塚区にある戸塚ファミリー歯科クリニックで作ると、一般に入れ歯では食べにくいと思われていた食材が普通に食べられるようになります。
数年前に総入れ歯を作った方の中には、入れ歯が自分の口にぴったりフィットしていないため、上手に言葉を話せなくなり、人前で無口になってしまう方もいるのです。
加齢が原因で体重が少なくなり、全体的に痩せる方は、歯茎も痩せてしまいます。
そういう方は、以前に作った入れ歯が合わなくなってしまうでしょう。
だからといって入れ歯を使わずにいると、口元が痩せて見えるため、残念ながら実年齢よりも高齢に思われてしまうのです。
戸塚ファミリー歯科クリニックでは、あごの骨格と口元の雰囲気、会話の際の口の動きをしっかりイメージして、若々しく見える入れ歯を作ります。

http://www.tiesummit.org/tie/