交通事故に遭って慰謝料に泣かないために

ある日、突然、交通事故に巻き込まれた・・これは、現実で当たり前に起こり得ることです。
道路には歩行者だけでなく、自転車やバイク、自動車、トラックなどたくさんの種類のものが走っています。
突然、歩道に車が突っ込んできたり、見えづらい角から自転車が飛び出してくることも、日常生活として起こり得ることなのです。
そして、もし交通事故で被害者になってしまった場合、その場ではただただショックで、相手方の過失に対して慰謝料を迫ったりすることは、まずできないでしょう。
警察が来ても、その事故状況を確認するだけですから、あなたに対して慰謝料のアドバイスをすることもありません。
自分が完全に過失がなく、一方的な被害者である場合、慰謝料は堂々と請求できます。
けれども、どうやって請求すればいいのか、費用はどのくらいが妥当なのかは、専門家でないと分からないものです。
相手も保険会社を利用して示談交渉をしてくるかもしれません。
ですから、事故に遭ったらできるだけ早く、専門的な知識があるプロの弁護士に相談することが大切です。
日本には、交通事故無料相談センターというのがあります。
そこでは、その道のプロの弁護士が親身になって相談に乗り、被害者であるあなたが不利にならないよう、様々な方法で働きかけてくれます。
相談は無料ですので、まずは事故にあったらすぐに連絡してみましょう。

合わせて読みたい情報:CLICK HERE

http://www.tiesummit.org/tie/